「アパマンショップ」の由来・意味

不動産

「アパマンショップ」の由来・意味について調べました。

「アパマンショップ」は、日本全国に900店舗を構えるフランチャイズ形式の不動産賃貸仲介会社の名称です。

運営元は「Apaman Network株式会社」であり、「APAMAN株式会社」の完全子会社となっています。

1999年に創業され、2002年には早くもフランチャイズ加盟店が500店舗を突破するなどして、「フランチャイズ形式」を活用して急速に業界のシェアを拡大していきました。2018年現在では業界トップの店舗数を誇っており、経営基盤の大きさを物語っています。

一方、2018年12月16日20:30頃、「アパマンショップ平岸駅前店」と思われる店舗で、スプレー缶120本を開ける作業が行われていたところ、札幌市豊平区の雑居ビルで42人が重軽傷を負った爆発事故が起こり、管轄の「アパマンショップリーシング北海道」が記者会見を開き、また親会社APAMANが公式サイトなどで謝罪文を発表しました。死者は出ませんでしたが、結果として非常に話題を呼んだ大きな事故となってしまいました。

そんな今話題の「アパマンショップ」ですが、名前の由来や意味が気になりますよね。早速調べてみましょう。

「アパマンショップ」の由来・意味

「アパマンショップ」の由来・意味は、あらゆる情報を調べましたが、明確なソースに基づいた情報を見つけることができませんでした。

しかし、英語表記では「APAMAN」と表記されているので、推測することは可能です。「apaman」は英語で、「apartment and mansion」のことを意味しています。アパートとマンションということですね。

そのほかに何かしらの意味が掛かっているかは定かではありませんが、扱っている商材はまさにアパートとマンションなので、英語由来の「アパートとマンション」という意味が由来となっている可能性が高そうです。

不動産
フォローする
名前の由来.com

コメント