スポンサーリンク

「ハウステンボス(Huis Ten Bosch)」の由来・意味

スポンサーリンク
テーマパーク
スポンサーリンク

「ハウステンボス(Huis Ten Bosch)」の名前の由来・意味について調べました。

「ハウステンボス(Huis Ten Bosch)」は、長崎県佐世保市にあるオランダ風テーマパークです。
1992年に開業し、1996年には360万人の年間入場者数を記録しましたが、以後不景気などの影響もあり、2003年には一度破綻に追い込まれました。

さらに2010年からはH.I.Sが経営再建に乗り出したことが話題となりました。
以後経営にも参画することとなり、業績は黒字に回復。斬新なアプローチで経営状態は改善され、西日本を代表するテーマパークとして今なお君臨しています。

それではさっそく「ハウステンボス」の名前の由来について調べてみましょう。

スポンサーリンク

「ハウステンボス(Huis Ten Bosch)」の由来・意味

「ハウステンボス(Huis Ten Bosch)」の由来・意味は、オランダ語です。

オランダ語で「Huis Ten Bosch」は、オランダ語で「森の家」という意味です。「Huis」が英語の「House」=「家」、Tenが現在のオランダ語の「te den 」(=英語のat the) の縮約形であり、「Bosch」が現在のオランダ語で「Bos」、日本語の「森」にあたります。

オランダのベアトリクス王女(前オランダ女王)が住む宮殿の一つ、ハウステンボス宮殿(Paleis Huis ten Bosch)を忠実に再現した事から名付けられました。

以上、「ハウステンボス(Huis Ten Bosch)」の由来・意味について調べました。

テーマパーク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
名前の由来.com

コメント