「創価学会」の名前の由来・意味

団体名

「創価学会」の名前の由来・意味について調べました。

「創価学会」は日本の宗教団体です。
法華経、鎌倉時代の僧・日蓮の仏法を信奉しており、国内で公称827万世帯の在家会員数を誇っています。

1930年に初代会長・牧口常三郎氏が前身の「創価教育学会」を発足したのが創立となり、1952年に宗教法人化、1964年には初の宗教政党、「公明党」を設立しました。それでは早速「創価学会」の名前の由来について調べてみましょう。

「創価学会」の名前の由来・意味

「創価学会」の「創価」の由来・意味は、「価値創造」です。

「価値創造」というのは、教育の目的、そして人生の目的は幸福の追求にあり、その内実は価値の創造であるという初代会長・牧口常三郎氏の想いが込められた名前であるということです。

そして「学会」というのは、それを実践するという意味で、合わせて「創価学会」になったということでした。(1945年7月3日、2代会長・戸田城聖氏が一般民衆への普及のために組織名を「創価学会」に改称したということです。)

以上、「創価学会」の名前の由来について調べてみました。

団体名
フォローする
名前の由来.com

コメント